choob!

最新フィギュアで少年時代を振り返る懐古調レビューサイト

S.H.フィギュアーツ ウルトラマン

S.H.フィギュアーツ ウルトラマン

ウルトラシリーズ専門のレーベル「ULTRA ACT」のリリースが滞りがちになり、その消息が気になる中、幅広くヒーローを扱う「S.H.フィギュアーツ」からウルトラマンがリリースされることになりました。「ULTRA ACT」については、公式には休止するとも終了するともアナウンスはなし。そんな状況にあってウルトラシリーズが別レーベルで展開されることについては、正直なところ戸惑っています。
ただ、とりあえずS.H.フィギュアーツではこの「ウルトラマン」以降もリリースするみたいだし、両レーベルで造形のコンセプトを明確に分けていることもあって、まずは買うだけ買ってみることにしました。

テレビの中のウルトラマン。

S.H.フィギュアーツ ウルトラマン

ULTRA-ACTのリニューアル版「ウルトラマン」が出た時も、これは決定版だって思いましたけど……、いやー技術は進歩してるんですね。ホント、映像の中にいるウルトラマンが我が家に来たみたいです。
もちろんブランドが違うので、造形コンセプト自体も異なるようです。ACTは(特にアナウンスはされてないと思いますけど)筋骨隆々の「理想のヒーロー」のような体型。かたやS.H.フィギュアーツは「劇中の再現」を造形コンセプトとして掲げました。今回のウルトラマンなら、顔の造形からすると1966年に放送されていた本編の終盤での姿でしょうか。
スーツのシワや歪みといった左右非対称な造形まで再現するということで、かなり明確な方針です。さらに、このウルトラマンを見る限り、「体つき」も再現しようという意図は見えますね。セブンやエースのような、本放送時に昭和の日本人体型(ガッチリしていて足が短い)だったウルトラマンは、ACTでかなり違和感がありました。S.H.フィギュアーツは彼らをどう再現してくるかが楽しみです。とはいえ、そこにあんまり固執すると、フィギュアーツのコレクションとして並べた時の違和感もあるかもしれないし、バランスが難しいような気はします。

ど真ん中ストライクは見逃さない!

S.H.フィギュアーツ ウルトラマン

そんなわけで、この「ウルトラマン」についてなんですけれども、顔は100点、スタイルについては100点に限りなく近いレベルかなと思います。さすがに古谷敏さんのモデルのような体型をイメージすると、そこまでは到達してないかなぁという印象。でも、ウルトラマンの繊細な雰囲気は出ていて、素立ちよりもポーズをつけた時の再現度が高い印象はあります。手首や首の角度を少し変えれば再現度がグッと増すことがあるので、時間を忘れて触ってしまうフィギュアです。独特の品が良いというか、少し頼りないイメージがうまく出てきますね。
可動範囲については、ACTほど腰が曲がるわけではありませんが、スペシウム光線や飛行形態など基本的なポーズはストレスなく実現できます。この辺りは、S.H.フィギュアーツ自体の進化というところかもしれません。股関節が緩いという話をよく聞きますが、手元の商品は問題ないので、個体差だと思います。ただ、個体差で言うと、塗装の精度もバラツキがありそうです。実のところ最初に届いた商品は目立つ塗装エラーがあったので、交換することとなりました。

ここで何度も書いてますが、フィギュアや玩具の個人的な評価の尺度は劇中の再現度ですので、S.H.フィギュアーツのコンセプトはど真ん中ストライクなわけです。よくぞここに投げてくれた、と感謝したいところ。2017年初頭現在、ウルトラセブンのラインナップまでは順調に発表されていますが、こちらも応えないわけにはいきません。とくに思い入れのある「6兄弟」については、きっちり付き合わさせていただこうと思います!

広告


LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
共感いただけましたら、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です