choob!

最新フィギュアで少年時代を振り返る懐古調レビューサイト

S.H.モンスターアーツ メカゴジラ

「vsビオランテ」でゴジラに目覚めた私は、「vsキングギドラ」で違和感を感じ、「vsモスラ」に至ってようやく悟ったんです。求めてるのはこれじゃない、自分は「ゴジラ映画」が好きなんじゃなくて、ミリタリー色が強くシリアスな展開に終始した「ゴジラvsビオランテ」が好きだったんだ、と。そんなタイミングで眼前に現れたのが、「vsメカゴジラ」のポスターでした。ゴジラとラドンを足元に従え、雄雄しく立つ軍艦のようなメカゴジラ。かの「ガンヘッド」を思い起こさせる緻密なデザインは、男の子心を大いに刺激しました。やった、今度こそ求めていたゴジラ映画に会える! …しかしその夏、浮き足立っていた私は地面に叩きつけられることになるのです。満を持して現れた着ぐるみのメカゴジラは、まるでバルーンアートかというほどに丸々とした、ミリタリズムや緻密さの欠片もないデザインだったんです。どうしてこうなった…。

好感度V字回復。

S.H.モンスターアーツ メカゴジラ

最初に言っておきますが、私はこのヌルヌルとしたメカゴジラ、今では大好きです。後の「機龍」よりもこっちのほうが好きです。さっきのポスターのことを思い出すと、もし機龍が「vsメガゴジラ」で出ていれば、望んでいた映像が観れたことでしょう。でも、そんなことはもういい。このメカゴジラが好きです。
思えば、僕はどうも鈍重なロボが好きなんですね。ボリュームがあって、動きが遅くて、歩くだけで地上が酷いことになりそうな、そんなロボットが大好きです。無駄に大きかったり無駄に分厚かったりするロボットは見るからに頑丈そうで、中に何かとんでもない武器を仕込んでそうで、頼もしい。このメカゴジラにもそんな雰囲気を感じます。ほぼ直立のまま、飛び道具で敵を寄せ付けないその戦闘スタイルには、時折強く見える瞬間がありました。劇中でのそんな振る舞いも、好印象の理由の一つでした。鈍重ロボへの愛着が、ミリタリズムへの期待を上回ったというところです。
しかししかし…、着ぐるみを見たときも驚きましたが、さらに驚いたのはそのデザイン案を見たときでした。ステンレス製を想起させるテラッテラのボディに、人間に近い直立し たスマートなシルエット。これが最終段階に近いものだということでしたから、立体化する際によくぞここまで見れるものになってくれた、と奇跡すら感じました。ここで、このメカゴジラに対する印象はV字回復したように思います。

共通する佇まい。

S.H.モンスターアーツ メカゴジラ

このフィギュアの残念な点を三つ。ひとつめは、目が暗いこと。幕張の夜の中に煌々と輝く目に威圧感があったのに、こんなに暗いと弱弱しく見えます。ふたつめは、握りこぶしが付属しないこと。プラズマグレネイドを発射するときは確か拳を握っていたと思うんですが、中途半端に手が開いた状態だとキューピーみたいで、こちらも迫力半減です。最後に、宙に浮いてる形になる尾が重たいのか、前傾姿勢をとらせづらいということ。確かに劇中で屈むことは少なかったですが、例えばラドンを倒したときのような踏ん張る姿勢が再現しにくいというのはあります。
ただ、あとはもう、文句はないです。
よく言われる可動範囲は、劇中の雰囲気を再現できれば良しとする私にすれば、文句ありません。せいぜい、首がクルクル回転してくれればいいだけのこと。むしろ動きの悪いぎこちなさがあったほうが、このメカゴジラらしいとも思えます。
着ぐるみからは、強いような弱いような、カッコいいようなカッコ悪いような様々な印象を受けるんですが、このフィギュアにもその印象はきちんと引き継がれているように思います。見方によって印象がガラリと変わってしまう、不思議な佇まい。それがVS版のメカゴジラの味わいです。

広告


LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
共感いただけましたら、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です