choob!

最新フィギュアで少年時代を振り返る懐古調レビューサイト

ダイアクロン パワードシステムセット Aタイプ

ダイアクロン パワードシステムセット Aタイプ

「ダイアクロン」の復活は、2016年の玩具界におけるひとつのビッグニュースとなりました。なんと言っても、発売してからの方が話題になったのが特徴的。
トランスフォーマーの源流となった伝説のブランドですから、復活が発表された時点でも充分話題にはなってました。しかし「ダイアバトルスV2」発売後、実際に手に入れた人がその楽しさをネットで続々語り出したことで、気が付けば商品は市場からなくなっていたのです。
僕自身は価格や置き場所に悩み、購入に踏み切れないまま「ダイアバトルスV2」の発売日を迎えてしまいました。結局、後から慌てて購入した次第。まったくお恥ずかしい限りです。評判を知る前にこのシリーズに触れていたら、そのポテンシャルに対する驚きはさぞ新鮮なものだったでしょうね……。

妄想すら強化するパワードスーツ。

ダイアクロン パワードシステムセット Aタイプ

「パワードスーツ」は、ダイアクロン隊員が各種任務のために装着する強化アーマー……と言うよりサイズ的には人型兵器ですね。時に単独、また「ダイアバトルスV2」などと連携して作戦を遂行します。

全高6cmの小さなボディの各部に可動箇所があり、格納ユニット「レイドチェンバー」に収納される際のモードや手動操縦の「メックモード」などに変形が可能。さらには人型メカとしての関節の可動範囲も、動き過ぎてポーズがやや決め辛いぐらいには優秀です。
全高3cmのボディにできる限りの可動を仕込んだダイアクロン隊員フィギュアもすごいんですが、いかんせん小さすぎてポージングに表情がつけづらい。その点、「パワードスーツ」は搭乗する隊員の行動を拡大して表現できるので、ドラマチックな絵面を作りやすいんです。

パワードスーツがダイアクロンのドラマを強化し、妄想は広がるばかり。まさに「ブンドド(ごっこ遊び)」に拍車をかける存在が現れたと言えるでしょう。

ダイアクロン沼の入り口。

ダイアクロン パワードシステムセット Aタイプ

「量産型だから」という理由で同じ商品を複数買ったのは、ひょっとしたら初めてかもしれません。我が家にはAタイプだけが二つあります。

当初は「物は試し」とAタイプをひとつだけ購入。しかし、パワードスーツが任務によって異なるデザインになっていること、作戦は通常複数機で遂行されることを知るにつけ、同じのを並べたら絵になるだろうなぁと、うっかり妄想してしまったわけです。
結果、こうして二つ並べてみると、やっぱり絵になりますね。大型兵器というのは、こうして複数の同型が運用されている方がリアルに見えます。いつもはコレクター気質で全タイプを揃えたくなる性格ですが、こればかりは「Aタイプをもっと増やしたい」というのが正直なところ。しかしそこは、商品流通量と財布の事情で厳しいのが実情です……。

そう、今のところダイアクロンは市場に商品が足りていません。ファンの渇望を受けて、ダイアクロンの世界は拡大を続けていくことでしょう。そしてこの「パワードシステムセット」は、ダイアクロンメカのベースとなるアイテムとして、今後しばらく欠かせない位置を占め続けるはずです。数が増えるほど妄想の幅が拡がっていく、それがダイアクロンワールド。僕の前に底なしの沼が見えます……。

広告


LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
共感いただけましたら、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です