choob!

最新フィギュアで少年時代を振り返る懐古調レビューサイト

ウルトラエッグ その1

「卵から変形する」という昔からあるコンセプトに「ウルトラマン」をくっ付けて、突如現れてた「ウルトラエッグシリーズ」。最初はその脈絡のなさに戸惑い、様子見を決め込んでいました。
その後、ピグモンが出ると分かって、そのファニーな見た目に少しグラッと来ました。
カネゴンが出ると知って、その再現度にだいぶグラッと来ました。
すでに出ていたキングジョーが分離・合体可能と知って、もう駄目でした。
ということで、我が家のウルトラエッグは着実に増えつつあります。バンダイがすごいのは、ウケるかどうか分からないシリーズも最初から物量作戦で来るときがあるということですね。手堅くウルトラマン数体とメジャーな怪獣だけで終わりそうだったら、たぶん手を出さなかった。ちょっとハズしたラインナップを初めから組み込んであったからこそ、僕みたいな少し偏屈な人間の琴線にも触れてしまったわけです。

変なのだけ買う。

ウルトラエッグ その1

ということで、現在の我が家のラインナップは上の5種類。下のギャラリーを見ていただければお分かりかと思いますが、いずれもモチーフ選びや変形過程にちょっと無理があって、それをゴリ押しで実現した逸品です。
ピグモンは卵の形状をそのままスタイルに活かしています。何より、クルリと反転させて出てくる浜田雅功フェイスが気持ち悪い。
キングジョーはその見事な分離・合体ギミック!卵から変形するというこの商品のコンセプトを拡大解釈し、余剰パーツなく3つの形態を実体化しています。
カネゴンは、似すぎ。卵から変形する前提なのに実物をここまで再現できてしまうという、実は一週周って面白みがないのではと不安になる完成度です。
そしてガンQは、まぁ、よくできてますよね。この怪獣をいち早くラインナップに加えてきたことも凄いし、出てきた商品もいろんな意味で凄いし。
最後にナース。いやもうこれは、ナースというモチーフを選んだ時点である意味勝ちでしょう。商品としては、なんかこう、もうちょっとやりようがあったかなという(脚とか)気がしないでもないですが、卵から変形してほぼ一直線の龍になるという挑戦だけで、お金を払いたい気持ちになります。
風の便りによれば、今後のウルトラエッグにも際どいラインナップが用意されている模様。自分なりに厳選して、おかしなラインナップを充実させていくつもりです。

広告


LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
共感いただけましたら、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です