choob!

最新フィギュアで少年時代を振り返る懐古調レビューサイト

トランスフォーマー MP-25 トラックス

tf_mp_tracks01

マスターピースシリーズも25番目になりました。と言っても、MP-10にて仕切り直しされたシリーズですから、そこから数えると15個目。それがここにきて、いよいよ第二のターニングポイントとも言うべきタイミングが来ている模様です。
このトラックスのあと、リカラーやリデコを含めるとほぼ毎月という勢いでマスターピースの商品が市場に投入されます。個人的には他のオモチャをあきらめてでもマスターピースに力を注ぐぞと決めておりますので、この展開に嬉しい悲鳴を上げています(いや、これほど文字通りという状況もないもので、嬉しい半面で置き場所とか財布の中身とかはリアルに悲鳴を上げているんですけれども)。そんな状況になっているのはシリーズが好調だからに他ならず、「トランスフォーマージェネレーション2015 (ヒーローX)」によれば、この好機を逃すまいと複数のデザイナーが同時に動いて矢継ぎ早に商品を開発する体制がとられているようです。
このトラックスは、おそらくその体制の端緒にあたるモデルだったのではないでしょうか。今までのマスターピースシリーズとは少し違う匂いが漂ってくる気がするんです。

首尾一貫でスタイリッシュ。

トランスフォーマー MP-25 トラックス

サイバトロンの戦士、トラックス。彼は最先端の都市ニューヨークを心から愛する都会派感覚と、また自分のカーモード(シボレー コルベット・スティングレイ)を愛するナルシストな性格を持つキャラクター。愛するニューヨークを快走するさなかに襲われ負傷。その際に力を借りた車泥棒のラウルと友情が芽生え、以降コンビを組む間柄になります。自惚れするシボレーの姿もさることながら、ロボットモードもまた逆三角形のシルエットでスタイリッシュ。とくに、肩からドアではなく明確に翼が生えており、これのおかげでカーモードでも空が飛べるという特殊能力を持っています。
デザインで他に特筆すべきは、背中から頭上にかけて背負っている大きなパーツでしょうか。カーモードのリアにあたる部分ですが、頭頂部よりさらに頭ひとつ分ほど高い位置まであり、そこにさらにミサイルまで付いています。この上半身の情報量の多さが、逆三角形のシルエットを作り出しているんですね。

ちなみに、そのてっぺんにあるミサイルですが、玩具としては面白いものの、デザインとしてはやはり蛇足に思います。今回のモデルでは旧玩具にくらべて小さく造形されている印象ですが、全体のバランスを考えるなら正解でしょう。アニメでもシーンによって大きく描かれていたり小さく描かれていたりしますから、これで問題ないと思います。

危なっかしいマスターピース。

トランスフォーマー MP-25 トラックス

スラリと伸びた長い手足に、薄い胸板と引き締まったウエスト。このトラックスは非変形のフィギュアと言っても通るほど洗練されたスタイルになっています。女性型にリデコされた「ロードレイジ」がもうすぐ発売される予定、というのも納得。ただ、もとより胴体がほぼカーモードのフロントのみで構成されてしまう旧来のカーロボット軍団とは一線を画したデザインですから、自惚れするのも仕方なし、というところですね。もちろんアニメの再現度はバッチリです。いや、アニメ以上にカッコいいですね。遠目から見る分には……。

発売前の事前情報では分からなかったこと、購入者がおそらく一様にびっくりしたであろうことは、胴体がスカスカという事実でした。横からだと、胴体は前面が車のデッキ、背面がリアで構成されているように見えます。ただし上から見てしまうと、胸・両肩・背中に囲まれた「胴体であるはずの部分」が空洞になっているんです。背中にあたる車体のリア部分がキッチリ固定されず、なんだかふわふわしてしまっているのも頼りなさに拍車を掛けてしまっています。パッと見のスタイルは完璧に見えるけど、手に取ってみると中身のないハリボテのような不安を感じる、そんなところがあります。

もちろん、今までのマスターピースは完璧だったのに、なんて言うつもりはありません。MP-10コンボイの腕は長すぎるし、バンブルビーの腕の内側は空洞で、ウルトラマグナスには無用の尻当てがあります。それぞれにカーモードの制約があったり、コストや開発期間の縛りがあったりするわけでして、その中でのベストが市販化された商品だと考えています。

アニメに作画のブレがあるように、各々のキャラクターにはファンそれぞれのイメージがあるはず。マスターピースはその最大公約数を立体化してくれるシリーズだと、個人的にはとらえています。今回のトラックスは手に取ってみると不安を感じるけれど、離れてみれば見事にアニメのトラックスを再現できている。その意味では、胴体の不安定な構成が象徴するかのように、少し危なっかしい状態でマスターピースたりえていると言えるかもしれません。

次にやってくる新開発のマスターピースは、あの人気キャラクター・アイアンハイド! すでにネットでは賛否両論沸き起こっておりますが、手に取って印象が変わるかどうかが今から楽しみです。

広告


LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
共感いただけましたら、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です