choob!

最新フィギュアで少年時代を振り返る懐古調レビューサイト

FansToys FT-04 SCORIA

01

どこかで見たようなトリケラトプス……。ダイノボットのスラッグにそっくりですが、これはトランスフォーマーじゃありません(便宜的にそのカテゴリで扱ってはいますが)。
トランスフォーマーというブランドは、日本で玩具が生み出され、アメリカで世界観が構築されて大ヒットとなりました。最近は実写映画の影響もあって、世界規模での認知度も高まっています。なかでも中国では非常に人気が高い模様。そしてこのトリケラトプスは日本でもアメリカでもなく、中国からやってきました。
とてもトランスフォーマーっぽいけれど、トランスフォーマーとは名乗らない。しかも、こんな商品はトランスフォーマーでも売られていない。正規メーカーのラインナップにない商品を、イチから企画・設計・製造して販売する、そんな非正規のメーカーが今や中国にはたくさんあります。既製品をコピーするのではなく、デザインも変形機構も自分たちで作っていく。同人活動の感覚で玩具を生産してしまう中国。いやはや、恐ろしい……。

我が家では君がスラッグ。

FansToys FT-04 SCORIA

そんなわけで、この子はスラッグのそっくりさんということになります。サイバトロンマークのシールを貼り付けて、ウチではスラッグとして扱うことにしました。サイズはトランスフォーマーで言うとマスターピースと近い感じ。マスターピースのダイノボットは2015年現在グリムロック(MP-8)しか製品化されていないので、他のメンバーを欲しがるファンに向けた商品ということになるんでしょう。
プラスチックを主体として部分的にダイキャストを使い、旧玩具でメッキだった部分は同様に処理されています。塗装の質も悪くないし、ダイキャストの量は本家より多いくらい。仮想マスターピースとしての質感にはとくに問題がありません。ただ、変形の際に動かしづらい関節が多々あったり、輸送の際のショックで一部の塗装が剥げていたりと、残念な部分もないわけではありませんでした。不良品をつかまされた場合は本国のメーカーに連絡しないといけなかったりもするので、安心して買えるものではないというのも事実です。それでも商品としては高水準にまとまっている。何度も言いますが、恐ろしいですね。

マスターピースでグリムロックが出た時、さすがに他のメンバーも出るとは考えませんでした。あれから7年、シリーズが仕切り直しされたり、実写映画にダイノボット(映画ではダイナボットらしい)が登場したりもしましたが、本家タカラトミーからはとくにアナウンスもないままです。旧玩具も復刻される気配がなく、渇望感が高まっていた中で、このそっくりさんが登場しました。見た感じ、マスターピースと並べても違和感がない。そうなると、多少リスクがあると分かっていても、ムラムラした気持ちは抑えきれませんでしたね……。

よくできた商品ですが、オススメはしません!

FansToys FT-04 SCORIA

恐竜モードのスタイルは文句なしです。アニメではほとんど恐竜の姿だったので、こっちの方が肝心なんですが、とにかくカッコいい。胴体のつくりが旧玩具に比べるとちょっと間延びした感じにはなってますが、実際のトリケラトプスのシルエットはこんなものかもしれません。首や尻尾が 若干可動するので表情もつけられるし、恐竜同士で並べたらやっぱり絵になりますね。

デザインはアニメ基準で、恐竜モードの顔は旧玩具でクリアパーツでしたが、本品はゴールドのメッキで処理されています。それ以外の配色も基本的にアニメ通り(のちに旧玩具の配色でも発売されています)。アニメではロボットモードの印象が薄いんですが、こんなに赤いキャラクターだったんですね……。

そのロボットモードのスタイルもいいです。旧玩具の、足元がどっしりしている三角形のシルエットはそのままに、上半身は筋骨隆々、腰から足にかけてはスラリと細い現代的なシルエットをしています。気になるのは、尻尾が持て余し気味に浮いてるのと、グラサンかけたコマンドーみたいな顔。なかでも顔がねぇ……、アニメ基準だから、妙にアメリカナイズされたテッカテカの表情をしていて、あんまりカッコよくはないです。このあたり、本家のマスターピースは旧玩具の日本的なカッコよさがベースになってるんだと実感しました。

全体としては、贅沢に奢られたダイキャストのおかげでロボットモードでは上半身が重く、ポーズをつけようとすると前のめりになったりのけぞったりと難儀します。ダイキャストの質感はいいものの、配分は注意してもらいたいところ。あとはまぁ、変形がシビアな部分があったりしますんで、小型のドライバーで各部の締め付けを調整しながら進めたほうがよさそうです。
それらも含めて、不満点とか注意点とかで致命的なものはないという印象ですね。まぁ、デキがいいからと言って手放しで喜べない気もするのは、これが非正規品だからなんでしょうけど……。

広告


LINEで送る
Pocket

お読みいただき、ありがとうございました。
共感いただけましたら、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です