緑のライダー。

バラエティーに富んだ「仮面ライダーBlack RX」のデザインから一点、ZOの姿は非常にシンプルに仕上げられました。デザインを構成する要素は極端に少なく、顔の白い蛇腹と全身を走るゴールドのラインがZOを形作っています。

デザイナーは監督でもある雨宮慶太氏と言われ、なるほど氏の得意とされるおどろおどろしいテイストや和風の様式美みたいなものが感じられるかもしれません。特に顔の蛇腹は鈍いツヤを放つくすんだ白で、まるで骨のようにも見えます。

その白い部分と赤い目を除き、全身がグリーン。黒さが売りの「Black」ですら、関節に茶色、口やみぞおちにシルバーといった色を入れ、場所によって表面の質感を変えていたりしました。しかしZOは頭から足まで同じグリーンで統一。そしてその上に、まるで血管のように張り巡らされたゴールドのライン。これが目にうるさくなく、かつ上品に間を持たせているように思います。マフラーがないのは「Black」から始まる新世代のライダーの特徴となっていましたが、ベルトまで取っ払ってしまったのは新鮮な驚きでした。ただ、替わりにお腹に付けられた赤い石は、なくてもデザインが成り立つような気もしますね。

ZOのデザインで唯一装飾と言えそうなのがブレイク・トゥーサー。……といっても何のことだか分からないかもしれません。ドラスとの戦いで再度の変身を果たしたあと、口元に一瞬現れて消える、あの牙のようなものです。個人的には、最後の闘いはあれが出たまんまでもよかったと思うんですよね。まぁあのあとドラスに取り込まれちゃうわけですけど、ZOが覚醒したという説得力が見た目にも欲しかったなぁ、と。

ZOを動かす喜び。

ZOの知名度から言って、こうしてフィギュアになって一般発売されること自体珍しいという状況なので、多少評価は甘くなってしまいがちです。ただ、このフィギュアーツはその分を差し引いても、よくできていると思いますね。

ポイントはゴールドのラインじゃないでしょうか。本来はつながっているはずのラインを、可動する部分で切らなくてはならない。そのうえで、いかに自然に見せているかが気になるところです。不自然になりがちなのは股間の辺りだと思いますが、本来のハイレグっぽいライン取りををうまく活かして分割してあり、可動にも支障なし。そのほかの部分もラインがつながってないのに違和感を感じず、デザインにうまく落とし込めています。

ラインの件を除けば、余計な装飾のないシンプルなデザインですから、元々可動は優秀です。屈む姿勢も非常に様になる。毎度気になる手の造詣も、少し尖った指先がちゃんと再現できていて大満足です。

気になる点は、顔に集中しています。あごが少し細い気がするんですね。正面から見たとき、本物は頭とあごの幅がそんなに変わらない印象なんですが、このフィギュアはあごが少し尖った印象になってる。あと、中央の白い蛇腹部分の「影(黒い縁取り)」が目立ちすぎるように思います。ここは、もう少し薄い色か、茶色っぽい色にしてもらいたかった。技術と勇気があれば塗りなおししたいところですが、自信がないのでこのままにしておきます。

どちらの不満点も見る角度によっては気にならないので、そんなに大きな問題ではありません。何よりも、自分でポーズを付けられるZOを手に入れた喜びが大きい。アクションフィギュアを集め始めたときの原点の気持ちを思い出させてくれました。

 

その他の画像(拡大します)

関連商品


お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!