メッキの教訓

とはいえ、部分的に塗装が必要なのは承知してました。背面のバーニア、肘の内側のパイプとその下のグレー、ふくらはぎの上のパイプ、あとはビームサーベルの柄と、ライフルのパイプの部分です。それぐらいならまぁがんばろう、そう思ってました。

ただ、テレビシリーズの百式を見ていると、色々気になってくるわけです。「肩の三角形に凹んでるところは周囲が赤いよなぁ」とか、「額の上のカメラみたいなところはシール付いてないなぁ」とか、「二の腕のパーツの下半分、実は関節なんだ……」とかですね。しかも、どれもこれもそんなに大きな箇所じゃない。そうなると、やっぱりなんとかしたくなるんです。

で、思い余って塗ることにしました。いずれもメッキの部分ですから、溶剤を使えばメッキが剥げます。失敗は許されません。マスキングを丁寧に何枚も重ねて、慎重に慎重に進めました。特に肩の部分は曲面ですから、マスキングの貼り方もシビアです。テープを細かくカットして、窪みの輪郭に沿ってチマチマと貼っていきました。あとは塗料をやさしく置くように塗って、そっとテープを剥がしていくと……

全然ダメでしたね。マスキングテープの隙間から盛大に塗料が染み込んでました。もうね、ゾッとするやら落胆するやらで、今すぐ目をつぶってゴミ箱にシュートしたい気分でしたよ。そこをね、グッとこらえた。こらえました。もう大人なんだし。自分でもよく我慢したと思います。
だけど、この状態で一日寝かせたら、モチベーションはさらに下降するはず。この哀れな状態を何度も見たくない。今日、やってしまうしかない。そう決断して、溶剤を手に取りました。はみ出た箇所に、溶剤を染み込ませた綿棒をポンポンと押し当てていきます。当然メッキは剥がれました。そこはあとからゴールドの塗料を薄く塗ることにして、とにかくはみ出た部分を消していきました。

楽をするつもりが、マスキングとメッキと溶剤の勉強をするハメになりました。まぁ仕方ない、こうして人間は少しずつ成長していくんです。しかしメッキはたぶんもう買わない

待ってろ百式

さて、メッキの話に終始しましたが、このキット、デキはとてもいいものです。調子こいて塗装しようと思うからいけないのです。当初の予定通り素組みで満足していれば、これほど手軽にアニメの姿が手に入るキットもそうそうありません。ある意味、出荷時点ですでにあるていど塗装されているわけですからね。塗装に自信のない方は素直に組み立てて、百式のデザインを愛でておくのが最善なのです。

気になる点は、ちょっと丸顔に見えることでしょうか。説明書の表紙がそうなのですが、正面から見ると違和感があります。斜めから見るとイメージどおりの男前なんですけどね。あと、なんとなく上半身、とくに腕がマッチョに感じます。なんだろう、二の腕が太いのか、肘から下が短いのか、妙にここだけ前時代的な印象を受けます。

HGUCでの百式は、これ以外にメガバズーカランチャーとセットのものグリプス戦役セットに入ってるものの2種類がリリースされています。ただ、前者は黄土色の成型色で(個人的には)塗装必須。いっぽう後者はゴールドメッキですが、「つや消し」になってるのでプラスチックに見えない質感です。メガバズーカランチャーのお得感をとるか、セットで一気に主役級をそろえるか……というところも選択要素になってきそうですね。僕はといえば、いつかはメガバズーカランチャーセットを全塗装して、百式を作り直したいと思っています!

その他の画像(拡大します)

関連商品


お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!