理想のZガンダム

吹けば飛ぶような細かいパーツを慎重に組み立て、スミ入れ後にツヤ消しでトップコート。今回も前回のMk-II同様、HGUCのキットと並べるときにあまり違和感が出ないよう、シールは極力貼らないでおきました。しかし……、今回はスミ入れがちょっと失敗だったかな。足の辺りとかホントに細かいモールドが多いんですが、全部スミ入れすると個人的にはうるさく見えるんですね。で、なるべく控えめに控えめに……と進めていくんですが、隣にスミ入れしたのにここに入れないのも変かなとか思っちゃって、結局ほとんどにスミ入れしちゃう。さじ加減が難しいです。

さて出来上がったZガンダム、改めて見るとやっぱりカッコいいですね。RX-78ガンダムを正常進化させたMk-IIのカッコよさの一方で、個性的な進化を遂げて「ガンダム顔」のバリエーションを増やしたZガンダム。ウルトラマンシリーズにおけるウルトラセブンのように、その存在は大きいものとなっていますね。このキットは、アニメのシャープなイメージを忠実に再現できていると思います。ガンプラのZガンダムを買ったのは初めてなので、Zガンダムがこのデキに至るまでの道程を知らないのですが、このスタイルにして完全変形してしまうというのはやはり驚くべきことだと思います。

気になるところと言えば、背中の背負い物がちょっと重たいようで、立たせると自然に反り返るような姿勢になってしまうことでしょうか。ひざから上が後ろに倒れる感じで、前傾姿勢がとらせにくいです。あと、これは個体差もあると思いますが、左腰のバインダーがポロリと取れやすいかな。いずれにしても、アクションベースで飾る分には問題ない部分です。

 

変形のハードル。

さて肝心の変形ですが……、これはちょっと個人的に厳しいですね……。厳しいというか、キツいです。いや、構成としてはすばらしいと思うんです。そんなに複雑じゃないし、手数が必要ということもない。ただ、もろい。変形途中でふと気づくと、どこかが白化(プラスチックに力が加わって白くなる)していたりする。白化だけならまだしも、パーツがいちいち小さくて薄くて細いので、折れないかとヒヤヒヤしてばかりです。「カチッと音が鳴るまで押し込む」と書いてあるところも、力加減が難しいので「カチッ」の前に「ポキッ」という音が聞こえてきそうで怖い怖い。しかも、変形途中で各部がポロポロ取れる。元々不器用ですし、ガンプラの変形にも慣れが必要なのかもしれませんが、これホント、シビアです。

なんとかウェーブライダーっぽい形まではたどり着きましたが、撮影の際はだいぶ誤魔化して撮っています。分かる人には分かる、全く誤魔化せていないかもしれませんが、この辺が限界でした。今はウェーブライダー(ぽい)状態のまま片付けてありますが、下手すりゃあのままずっとガンダム形態には戻さないんじゃないかという気すらします。変形がウリのキットですが、撮影するつもりがなければ変形させなかったかもしれません。

とはいえ。

RGは、「バンダイが1/144のガンプラで表現できる技術水準」をお披露目する場でもあるんだと思います。だからRGはシビアだけれども完全変形できるんだからするんだし、それを難なくこなしてみせるユーザーもいるわけです。だから別に変形を簡単にして欲しいとかは微塵も思ってません。もしZZガンダムが完全変形で出てきても、買ってしまうことでしょう。なぜなら、個人的にはRGは早く完成させられるから買うわけだし、「こんだけカッコいいのに変形もするんだぜ(変形させないけど)」という気持ちがもたらす満足感が大きいからです。

あぁ我が家のZガンダムも、早くあのカッコいいガンダム形態に戻さなくては…。

その他の画像(拡大します)

関連商品


お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!