アニメからそのまま出てきた。

インフェルノは消防車のカーモードを持つため、周辺の消火や救助などが主な任務となります。ところがアニメでは好戦的な印象があり、基地での留守番を命じられた際も我慢できずに前線へ飛び出してしまうことがありました。かのコンドルを一撃で仕留めるなど射撃の腕も確かなようで、実際のところ救助員に留めておくのはもったいない実力の持ち主だったのかもしれません。他のカーロボットより大きな体格も手伝って、細かいことを気にしない、豪放磊落なイメージがあります。

このマスターピースは、そんなアニメのイメージをまさにそのまま立体化したような傑作でした。

さて、このところのマスターピースはアニメの作画に近づけるのがテーマであるらしく、以前のように細かいモールドが減り、「ロボット生命体の立体化」としてのリアリティは薄れてきた印象があります。ただ個人的には、その傾向はとくに気になりません。自分の中には子供の頃から「アニメのトランスフォーマー」と「玩具のトランスフォーマー」とがあって、それぞれを別個の存在と定義してきたことで、「アニメに似てない玩具」という現実を乗り越えてきたように思います。その意味では最近のマスターピースは「アニメがそのまま玩具になったトランスフォーマー」であり、以前のモールドが多いものは「アニメがそのまま玩具になった上にちょっと現代風になったトランスフォーマー」です。アニメに非常に近い立体化という点では、両者に大きな差があるわけではありません。あくまでも個人的には、ですが。

待たされ得。

こんなに素晴らしいマスターピースを語るのに、余談が長くなってしまいました。

とにかく、このインフェルノはアニメのイメージそのままです。見た目は言わずもがなでしょう。塔のような、たくましくもスラリとした体型は絶妙のバランスで再現。顔も玩具版としては違和感がないものですが、オプションで付いてくる丸顔タイプ(アニメでの作画のブレを再現したパーツ)はもう、喜多川さんの声が聞こえてくるアニメそのままの出来栄えです。うれしくなって、撮影は全部丸顔のままで行いました。惜しむらくは、この丸顔の輪郭に「叫び」の表情パーツの互換性がないこと……。どうせならどっちの輪郭にもそれぞれ同じ表情のパーツを付けておいてほしかった。この商品の数少ない残念な点です。

アイアンハイドで感じた変形の面白さも健在。パタパタとパネルを展開するうちにシルエットが変わっていき、パズルのように楽しめます。消防車型のロボが変形の際に持て余しがちなハシゴは、手品のように折りたたんで胴体に隠し、「2次元のウソ」もマコトにしてしまいました。
デザインは箱型ロボットなのに可動が優秀なのも、特筆すべき点でしょう。筒のような足も意外なほど広範囲に動きます。しかも関節が結構固い。おかげでポージングが流れることもなく、撮影は本当に楽でした。ただ、右手のバレル(ノズル)を収納するために、右の肘がスカスカになってしまっています。ここは見栄えが非常に悪い。最初は破損かと真剣に考えてしまいましたよ……。

まぁしかし、それもこれも「玉に瑕(キズ)」というやつです。ここまで素晴らしいインフェルノを前にしたら、何の問題でもない。待ちに待ったインフェルノがこの出来とは、なんという幸運。フォーマットが熟成されてから出てこられるというのは、マイナーキャラの利点ですね。そこまでシリーズが続くかどうかが問題ではありますが……。

その他の画像(拡大します)

関連商品


お読みいただき、ありがとうございました。更新の励みになりますので、以下のボタンをポンポンポンッとクリックお願いします!